LIBRIGE

東南アジアの旅行情報や、移民、外国人技能実習生について書いたブログです。

外国人技能実習生

「外国人技能実習生」受け入れ企業の7割が労基法違反

投稿日:

 

先日のニュースで「外国人技能実習生」を受け入れている企業の7割が労基法違反をしていると、厚生労働省の発表がありました。
この結果は2016年に厚生労働省が視察した結果で、5627社のうち70.6%に当たる4004社で労働基準関係法令違反が見つかったとのことです。
今更感が強いが、もともと実習生を雇う企業は人手不足な業界で中小零細企業が多いため、この結果には僕的にはなんら驚きはなかったです。

労働基準関係法令違反の内容としては一番多いのが「労働時間」の違反で、これが23.8%で1348社が違反していたとのことです。

続くのが、

・安全基準 1097社(19.3%)
・割り増し賃金の支払い 771社(13.6%)
・衛生基準 531社(9.4%)

労働時間に関しては、実習生に最長約130時間の違法な時間外労働をさせていた企業もあったとの報告もあり、さすが日本のブラック企業は凄まじいなと思いました。
こんなことを続けていけばいずれ外国人も日本を労働場所として避けるのは当然で、今はSNSで情報が広がるスピードが数年前と比べて圧倒的に早い。
実習生の寄宿舎も酷いところが多く、以前田舎の農家では小さなプレハブ小屋みたいな部屋に3人済ませており、送り出し機関側のミャンマー人が、「この部屋はミャンマーより酷い」と嘆いていたのを思い出した。

スポンサーリンク

実習生自身が労働基準監督機関に労働環境の是正を求めるケースもあり、2016年は88件あったという。
申告内容としては「賃金・割増賃金の不払い」が83件(94%)ともっとも多く、お金を日本に稼ぎに来ているだけあって、給料面だけは実習生も譲れないし、正当な主張をするのは当然のこと。
なかには約2年間にわたり技能実習生5人に計約1200万円超の賃金を支払っていなかった企業もあったとのことで、こんな企業は本当に事業をする資格がなく、この企業の感覚的には東南アジアから奴隷を連れて来ているくらいの感覚だったんだと思います。

外国人を連れて来てまで、法令違反をする企業は、国際問題にも発展する可能性があるし、国がしっかり厳罰を加えるべきだと僕は思います。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-外国人技能実習生

執筆者:

関連記事

外国人技能実習生失踪増加の原因

技能実習生の失踪が増加 出典:産経WEST ここ最近、外国人技能実習生の入国が増えてきた分、失踪するケースの割合も増えてきている。 昨年の平成26年にいたっては失踪者数が過去最高の4851人になったて …

【宿泊業】ホテル業界に技能実習生がやってくる

  2018年5月に技能実習制度の追加職種として「宿泊業」を検討しているとの記事がでました。 同じ接客業のコンビニに関してもすでに議論がされており、慢性的な人手不足に陥っている日本の接客業や …

インドネシア人船員が活躍する日本のマグロ漁船

  日本のマグロ漁船にインドネシア人やフィリピン人が船員として乗船しているという話は結構有名で、船の船員構成によっては外国人船員のほうが日本人より圧倒的に多い漁船もあるそうです。 水産関連の …

日本で一番多い外国人は中国人だった

現在、技能実習の在留許可を得て日本に滞在している外国人の人数は15万人以上。 その中で一番多いのが実は中国人実習生なのです。 その数、実に全体の7割以上、、それに続くのがベトナム、インドネシア。 さら …

建設業での技能実習期間が5年間へ拡大

今年度から建設業での技能実習生が3年から5年間までと2年間延長されるようになりました。 政府はこれを5年後の東京オリンピックに向けての緊急処置だと発表しており、オリンピックが終わればまた3年に戻す事を …


スポンサーリンク