LIBRIGE

東南アジアの旅行情報や、移民、外国人技能実習生について書いたブログです。

シンガポール

シンガポールの旅行情報ベンチャー「TheSmartLocal」がすごい

投稿日:

国の広さが東京都23区ほどしかなく、人口も約560万人程度の小さな国シンガポール。
しかし、フルタイムの平均月収は日本円で約32万円とASEANの中でも飛び抜けて生活水準が高い。
そんなシンガポールでは富裕層に限らず「海外旅行」は欠かせない趣味になっています。

決済サービス会社Visaがシンガポールで実施した調査「Visa Global Travel Intentions Study 2015」によれば、国民の95%が過去2年以内に海外旅行に行っているとのことです。

そんなシンガポール国民の旅行好きに注目し、今同国で人気になりつつある旅行情報サイトが2012年にシンガポールで立ち上がったベンチャー企業で、国内外の旅行情報を配信するウェブサイト「TheSmartLocal」です。

創業者のBryan Choo氏の思い

創業からたった4年でユーザー数を確実に伸ばし、会社自体も従業員が50名を超え急成長を見せる「TheSmartLocal」。
創業者のBryan Choo氏がこのビジネスの戦略を思いついたのは他の大手旅行サイトでよく見かけるユーザーからの口コミや点数でした。
Bryan氏も自身が旅行に行く際はそんなサイトの口コミを参考に旅行先を選んでいたようですが、あるときこの行為に疑問を感じたのだそうです。
その疑問というのは、「その土地の本当の魅力を知っているのは、その土地で生活している現地の人間のはずで、もしかしたらこの口コミは信頼性に欠ける情報なのではないか」というものでした。
実際シンガポールには各地の魅力や情報を現地に住んでる人が紹介するサイトはなく、そのアイディアをもとに現地に住むローカルの人だけが知る情報や魅力を伝える「ハイパーローカル」なサイトを作りたいと立ち上げたのが「TheSmartLocal」でした。
実際に「TheSmartLocal」に掲載されている情報は、例えばシンガポールで有名なマーライオンマリーナ・ベイサンズではなく現地人に人気の地元の屋台料理やショッピングのお得な情報などです。

スポンサーリンク

マネタイズは広告とインバウンド支援

収入源は主に広告で、サイトだけではなくFacebookページ、YouTube動画、Instagramのアカウントでも企業の宣伝をしています。
また、収入源のもう一つの柱として現在力を入れているのシンガポール以外の国と共同で企画している観光促進キャンペーン(インバウンド支援)です。
実際にサイトを見ると日本に関する記事も多数掲載されています。

まとめ

今後は5年以内にはタイ版インドネシア版の展開を予定しており、ますます拡大していく予定の「TheSmartLocal」。
日本への東南アジアからの観光客が増えている近年。このシンガポールの旅行情報サイトはますます注目するべき存在といえます。
また、日本から海外に出る旅行者にとっても口コミというのは非常に有益な情報ですが、日本人の旅行者が見る情報や口コミというのは同じ日本人旅行者からというものが多く、それも有益な情報にこしたことはありませんが、どうしても同じような情報に偏りがちです。
日本にも現地の人間が魅力を伝えるローカルな情報サイトがあれば、国内外の旅行はもっと幅が広がりそうな気がします。
旅行に新たな視点を加えたこの「TheSmartLocal」の今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-シンガポール

執筆者:

関連記事

ASEANの金持ち国家ブルネイはどんな国?

発展途上国が多いASEANの中でも飛び抜けて金持ちな国・ブルネイ。 しかし、意外とASEANの中では影が薄く、日本人もブルネイがどんな国でどんな人たちが暮らしているのかはあまり知られていません。 イメ …

シンガポール初代宰相 リー・クアンユーの日本批評

人口の1/3が移民で占められている移民大国のシンガポール。 日本でも少子化の問題は実はかなり深刻で、真っ先に考えなくてはいけない問題で、 賛否両論はありますが、移民についてもどんどん進めていく必要があ …

シンガポールで人気沸騰中!ホワイトカラーボクシングとは?

シンガポールのエリート層に密かに人気になっているスポーツ”ホワイトカラーボクシング”。 その名の通り金融マンや弁護士、医師ら富裕層がするボクシング競技のことで、 リング上では真剣な殴り合いを見せる。 …


スポンサーリンク